子育ては人育て

 

すくすくひなた保育園は、

「こども」も「おとな」も

成長していける保育園。

「みらい」​へつながる大切な「いま」をみんなで育みます。

いま”というこの瞬間は、子どもたちの”みらい”へと繋がる大切な瞬間です。

​私たちは、子どもたちが大きくなりいつの日か世の中に羽ばたく時、人と人との信頼関係や生きる意味を大切に感じることのできる「人」として、大きな大木を支える立派な根っこを育てる保育を目指します。

五感を育む保育

五感あそびを通して、幼児期にこそ敏感な「感じる力」を育む保育を大切にしています。

 

自然と触れ合い、自然の音を耳で感じ、草や土の香りを感る「自然体験」を大切にした保育で、様々な五感を養います。

当園では、あそびを通して発達を促す保育を目指します。

ふれあいあそび」「感覚あそび」「運動あそび」「音あそび」「言葉(日本語・英語)あそび」「文字あそび」など、発達段階に合わせた遊びを中心にした保育を行います。

また、

あそびの中で学んだり、お友達とケンカしたり失敗をした時、そこからの学びが経験値となって、未来に活かせるような「考える力のある人」を育てる保育を目指しています。

 

子供達にとって、失敗は宝物です。

子供達にとって一番危険なのは「何が安全で、何が危険なのか」を判断する能力が育たない環境です。それは「過保護過干渉」になりがちな現代の子育ても、保育の現場でも言えることでしょう。

 

私たちは、けがや失敗を恐れず、チャレンジできるような興味の芽を見守っていくような保育を目指していきたいと考えています。

毎日言葉のシャワーを!石井式漢字絵本の読み聞かせ
(副園長先生との時間)

漢字仮名交じり文で、幼児期から本物の日本語に触れ、楽しみながら漢字と親しんでいきます。

 

「ひらがな」には、1つ1つの文字に意味はありませんが、「漢字」には1つ1つの文字に意味があります。

当園では、読み仮名の振っていない漢字の絵本を使って楽しく読み聞かせをしたり、

幼児にもわかりやすいフラッシュカードを使って、言葉のシャワーが降り注ぐような言葉がけを日々の活動に取り入れています。

石井式漢字絵本は、園長・副園長の子育てで採用してきた幼児学習です。

3人の息子たち全員が私立の中高一貫校を受験し、特進科に進学。

長男は現在東京大学に在学しています。

また、文字と触れ合うことにより、小学生以降の国語の時間以外にも算数の問題の理解度が上がったり、

コミュニケーションもしやすくなります^^

そんな息子たちが、幼少期から大切にしてきたのが「言葉のシャワー」であり、

漢字の絵本での読み聞かせを、幼い時期から始めていたことでした。

けっして強制ではなく、楽しみながら言葉(日本語や英語)と触れ合うことにより、言葉を発する頃に流がれるようにお話ができるようになりました。

言葉や文字は、学校に入学してから学べば良いわけではなく、

おとなの普段からの豊富なアプローチで、お子様自身がスムーズに学習に馴染んでいくことができます。​

心をこめた手作りの給食

お母さんが作るような、手作りの給食を提供します。

たくさん体を動かした後、もりもりと食べるお食事は身体だけじゃなく「心」も育てます。

​毎日新鮮な素材を仕入れ、専門の調理師が子供達の笑顔を思い浮かべながら、心を込めてお食事を作ります。

季節を感じる行事に合わせたちょっと特別なお食事や、

お誕生日会には、可愛いメニューも提供します。
月に一度の「カラ弁の日」では、お子様のお気に入りのお弁当箱に、美味しいお給食を詰めます。そんな日は遠足気分でベランダでランチ♫も楽しいですね^^

すくすくひなた 保育園では、給食の時に使う「器」にもこだわっています。

白く美しいポーセラーツ(白磁)の器で、ご飯を食べる喜びをご提供します。

割れない器ではなく、あえて少し重みを感じる割れる器を使うことがどうして大事なのかについても、食育の一つとして伝えていきたいことです。

幼児食:ある日の土曜日

​離乳食・後期

行事食:ハロウィン

ハロウィンの日のおやつ:

​かぼちゃマフィン

© 2023 著作権表示の例 -Wix.com
で作成されたホームページです。

  • すくすくひなた保育園